初めての無添加石鹸

無添加でオリーブメインだという石鹸を買いました。無添加は高いイメージがあったのですが、安かったので試してみる事に。結構大きめでずっしりしてます。パッケージを開けるとオイルの様な独特な香りがします。無添加ってやつなのでこういうものなのかと新鮮でした。早速その日の夜に使うと悪くない泡立ちで、石鹸生地のオリーブオイルの効果なのか滑らかな感触です。全身を洗えるそうなので髪も一緒に洗ってみたら良い感じでした。石鹸でシャンプーすると髪がギシギシする筈なのに私がいつも使ってるシャンプーよりも髪が絡まりませんでした。驚きの好感触で良い買い物をしたなと満足して、その日から毎晩使っていたのですが、ある日石鹸の表面が緑っぽくなってるのに気づきました。買ったときは全体が茶色かったのですが、初めてだったので私は中が元々緑で使ってく内に見えてくる様に工夫した作りなのかなと思ってしまいました。その後更に数日使ってると、緑色がまた濃くなっていて何かおかしいなと思いネットで調べてみると、無添加で防腐剤等が入ってないので保存状態をちゃんとしないと場合によってはカビ等が生えてしまう事があるらしく、まさに自分のがそれなのだと気づきました。せっかく髪も良い感じだったので、何とか使える部分を残したいと石鹸をカットしてみたのですが、中までしっかり緑色になっていました。自分がちゃんと前もって注意事項を把握していれば長く使えたのにと後悔しました。また安く巡り会えたら今度はしっかり湿気をとるか、使い切りサイズにカットして使おうと思っております。

一生大事にしたい友達

私のストレス発散法は、友達と何時間も喋ることだと思います。お茶をしたり、オシャレなホテルのアフタヌーンティーに行ったりして、テンションを上げた時の会話というのは、何を話したのか覚えてはいませんが、どれも楽しかったことだけは確かです。

以前までは、大学や会社、地元など色々な友達と満遍なく遊んでいましたが、やっぱり子供ができると同じようなママでないと何かと不都合があります。夜飲みに行くのは難しいですし、子連れで参加になってしまうので、お互い子連れの方が気兼ねもありません。

でも、同じ環境にある友人というのは、話も合うし悩みも同じだったりして、楽しく過ごせます。彼氏募集中の友人や子供がいない主婦の友人もたくさんいますが、どこかで話が合わなくなるのが現実です。

だから、今も変わらず仲良く出来ている友人のことは、大事にしなければと思っています。友達というのは、強い絆で結ばれているようで、案外脆かったりもすると感じます。

ちょっとやめてほしいかな

人事異動に伴い、他拠点から社員さんがはいぞくになりました。その人は前配属先ではお局と呼ばれていました。お局と呼ばれるだけあって仕事に関する知識が多く、とても頼もしい存在だなと思いました。

ところが、お局が在籍していた拠点の人からは「何かあったらすぐに相談して。自分から注意を言うから」という意味深な言葉を言われました。なんのことだろう?と疑問に思っていましたが、数日後にその言葉の意味を理解することに。

まず、自分から仕事を一切しません。電話対応も来客対応も、雑務庶務は全て後輩がやるもの、自分はやらなくていいというスタンスだったのです。業務量が多くみんな手一杯の状態だったので、その姿をみて職場の方々はピリピリした状態に。さすがに良くないだろうと思い、私はそのお局と同部署だったので「人数が少ないので電話対応はみんなでやってます」と言ったところ、「へぇー。前の配属先でもそうだったよ。」といい、取る気配が無く。何をしても意味がないということを察し、それ以降は特に何もしていません。お局、何のためにここで働いてるんですか…。

お酒と葉巻

先日、アルバイト先で私の歓迎会&忘年会をしてくださいました。オーナーがとても食事が美味しいお店に連れて行ってくださり、お腹いっぱいで満足になるほど食べさせて頂いたあと、2件目はバーに行きました。お酒があまり強くない私は弱めでさっぱりとしたカクテルを作っていただきました。カクテル会のトップの方のお店というだけあってとても美味しくつい3杯ほど軽く飲んでしまいました。そのあと3件目、また有名な敷居の高いバーに連れて行っていただいたのですが、そこで初めて葉巻というものをくぐらせていただきました。元々タバコを吸う私には抵抗感がなく、しかし少しスパイスが効いたその葉巻はお酒にとてもよく合うものでした。タバコより完全に美味しい…24歳でこの葉巻の味をしめてしまった私はまた機会があったらオーナーにそこのバーに連れて行っていただこうとたくらんでおります。

シングルマザーの再婚はいいことも多いと思う

シングルマザーということは、子どもがいるということです。シングルマザーとなった理由は、旦那さんと離婚、死別、最初から結婚できなかったなど様々です。離婚だとしたらよほど前向きな離婚でない限り、親は(特に母親は)子どもに対して申し訳ないという気持ちがあるのではないでしょうか。また、離婚でも死別でも子どもが赤ちゃんでない限りは前の父親のことを覚えています。お父さんとの思い出があります。悪い思い出もあるかもしれませんが、子どもにとってはたった一人の父親。 母親にとっては思い出したくない記憶でも、子どもにとっては大事な記憶かもしれません。旦那さんと離婚、死別することで子どものことがますます大事に感じられ、誰よりも子どもを可愛がろうとするでしょう。そしてその事を思うと、新しく恋人を作るのは子どもに申し訳ないなという気持ちが少なからずあるのではないでしょうか。もし仮に好きな人ができても、子どもがいることで相手に負い目を感じることも理由だと思います。結婚する段階まで進展しても、相手方のご両親や親戚にも理解してもらわなくてはなりません。二人の時間を作るのもなかなか難しいことでしょう。シングルマザーで子どもを育てていくためには一人で子育てしながら働かなくてはなりません。日々必死に働く中で、誰かに助けてほしい、誰かに寄り添いたい、そんな気持ちが出てくることもあるかもしれません。それでも実際には、目まぐるしい毎日の中で子育てして、働くことで精一杯かなと思います。そんなふうに思いますが、でも個人的にはシングルマザーの立場の方々にもシングルマザー 出会いがたくさんあってたくさん恋をしてほしいなと思います。人間はたくさん恋をして、たくさん感動して、たくさん失敗して、たくさん悲しんで、たくさん喜んで、幸せになるために生まれてきたと思います。お子さんに対しても「罪悪感」があるかもしれませんが、罪悪感をもつことは誰にとっても良いことではないと思います。お母さんに恋人ができたらお子さんは少し寂しいかもしれません。でも恋人ができることで、大好きなお母さんの笑顔が増えたら、それは子どもにとってきっと幸せなことだからです。

「睡眠列車」サービスがほしい!

普段はものすごく寝つきの悪い私。ひどい時には布団に入って2~3時間悶々と過ごすことも珍しくないのですが、なぜか電車に乗るとスムーズに眠りの世界へ。どんな短距離であっても、実に気持ちよく熟睡することができます。
先日、職場で聞いてみたところ、意外にそういう人が多いことにびっくり。同じ部署の先輩などは、「あの微妙な揺れがたまらなく気持ちいい」とうっとりした顔で答えてくれましたが、普段非常に忙しい方だけに、睡眠時間が足りてるのか他人事ながら心配に。まあ、寝つきの悪さにせよ睡眠不足にせよ、みんな結構眠りに関してはいろいろ悩みを抱えているんだなぁ~と思いました。
そこで重いつたのが、名付けて「睡眠列車」サービス!寝つきの悪い人や眠りの浅い人、疲れている人を列車に乗せて、延々と走り続けるというだけのサービスなのですが、案外これ、ウケるんじゃないかなぁ。もし、1か月あたり3000円ぐらいで気持ちの良い眠りが手に入るんだったら、私、使っても構わないかも。寝つきをよくするカモミールのハーブティーとかホットミルクを車内販売で売れば、そこそこ儲けもあがるだろうし。あ、どうせなら立ち仕事が多い人のために、フットマッサージ器も入れてほしい・・・と、実際にはありえないサービスなのに、いろいろ計画(というか妄想?)してしまう私でした。疲れてるのかしら?

行政書士のお勉強

今日の仕事は午前中は待機で午後からは自宅での仕事なので、勉強は午前中にすることにしていました。 とはいっても民法の条文をe-govで検索してピックアップしてパワーポイントにコピペするだけの作業なんですけど、六法買いたくても買うことができない貧乏なので思いついた方法です。(本当は六法が欲しい!) まあ、コピペなのであまり苦労はしないけどどうなんだろうと思いました。 じゃあ問題集は?とかテキストは?なんて聞かれそうなのですが、テキストはまだ販売されていないし問題集はとりあえず過去問はあるので(しかも無料でもらったもの)収入が入ってくるまではこの状態になるかな。 このやり方だと憲法や行政法だとパワーポイントじゃなくてワードにコピペするのもいいかな。 いずれにしても紙ベースのほうが使いやすいし。 これから勉強ツールを集めて勉強していこうと思います。 なにせ受験勉強題材のライティングも書きたいし、仕事の幅も増えるからその分だけ収入も増えることになりますよね。