ちょっとやめてほしいかな

人事異動に伴い、他拠点から社員さんがはいぞくになりました。その人は前配属先ではお局と呼ばれていました。お局と呼ばれるだけあって仕事に関する知識が多く、とても頼もしい存在だなと思いました。

ところが、お局が在籍していた拠点の人からは「何かあったらすぐに相談して。自分から注意を言うから」という意味深な言葉を言われました。なんのことだろう?と疑問に思っていましたが、数日後にその言葉の意味を理解することに。

まず、自分から仕事を一切しません。電話対応も来客対応も、雑務庶務は全て後輩がやるもの、自分はやらなくていいというスタンスだったのです。業務量が多くみんな手一杯の状態だったので、その姿をみて職場の方々はピリピリした状態に。さすがに良くないだろうと思い、私はそのお局と同部署だったので「人数が少ないので電話対応はみんなでやってます」と言ったところ、「へぇー。前の配属先でもそうだったよ。」といい、取る気配が無く。何をしても意味がないということを察し、それ以降は特に何もしていません。お局、何のためにここで働いてるんですか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です