お酒と葉巻

先日、アルバイト先で私の歓迎会&忘年会をしてくださいました。オーナーがとても食事が美味しいお店に連れて行ってくださり、お腹いっぱいで満足になるほど食べさせて頂いたあと、2件目はバーに行きました。お酒があまり強くない私は弱めでさっぱりとしたカクテルを作っていただきました。カクテル会のトップの方のお店というだけあってとても美味しくつい3杯ほど軽く飲んでしまいました。そのあと3件目、また有名な敷居の高いバーに連れて行っていただいたのですが、そこで初めて葉巻というものをくぐらせていただきました。元々タバコを吸う私には抵抗感がなく、しかし少しスパイスが効いたその葉巻はお酒にとてもよく合うものでした。タバコより完全に美味しい…24歳でこの葉巻の味をしめてしまった私はまた機会があったらオーナーにそこのバーに連れて行っていただこうとたくらんでおります。

シングルマザーの再婚はいいことも多いと思う

シングルマザーということは、子どもがいるということです。シングルマザーとなった理由は、旦那さんと離婚、死別、最初から結婚できなかったなど様々です。離婚だとしたらよほど前向きな離婚でない限り、親は(特に母親は)子どもに対して申し訳ないという気持ちがあるのではないでしょうか。また、離婚でも死別でも子どもが赤ちゃんでない限りは前の父親のことを覚えています。お父さんとの思い出があります。悪い思い出もあるかもしれませんが、子どもにとってはたった一人の父親。 母親にとっては思い出したくない記憶でも、子どもにとっては大事な記憶かもしれません。旦那さんと離婚、死別することで子どものことがますます大事に感じられ、誰よりも子どもを可愛がろうとするでしょう。そしてその事を思うと、新しく恋人を作るのは子どもに申し訳ないなという気持ちが少なからずあるのではないでしょうか。もし仮に好きな人ができても、子どもがいることで相手に負い目を感じることも理由だと思います。結婚する段階まで進展しても、相手方のご両親や親戚にも理解してもらわなくてはなりません。二人の時間を作るのもなかなか難しいことでしょう。シングルマザーで子どもを育てていくためには一人で子育てしながら働かなくてはなりません。日々必死に働く中で、誰かに助けてほしい、誰かに寄り添いたい、そんな気持ちが出てくることもあるかもしれません。それでも実際には、目まぐるしい毎日の中で子育てして、働くことで精一杯かなと思います。そんなふうに思いますが、でも個人的にはシングルマザーの立場の方々にもシングルマザー 出会いがたくさんあってたくさん恋をしてほしいなと思います。人間はたくさん恋をして、たくさん感動して、たくさん失敗して、たくさん悲しんで、たくさん喜んで、幸せになるために生まれてきたと思います。お子さんに対しても「罪悪感」があるかもしれませんが、罪悪感をもつことは誰にとっても良いことではないと思います。お母さんに恋人ができたらお子さんは少し寂しいかもしれません。でも恋人ができることで、大好きなお母さんの笑顔が増えたら、それは子どもにとってきっと幸せなことだからです。