「睡眠列車」サービスがほしい!

普段はものすごく寝つきの悪い私。ひどい時には布団に入って2~3時間悶々と過ごすことも珍しくないのですが、なぜか電車に乗るとスムーズに眠りの世界へ。どんな短距離であっても、実に気持ちよく熟睡することができます。
先日、職場で聞いてみたところ、意外にそういう人が多いことにびっくり。同じ部署の先輩などは、「あの微妙な揺れがたまらなく気持ちいい」とうっとりした顔で答えてくれましたが、普段非常に忙しい方だけに、睡眠時間が足りてるのか他人事ながら心配に。まあ、寝つきの悪さにせよ睡眠不足にせよ、みんな結構眠りに関してはいろいろ悩みを抱えているんだなぁ~と思いました。
そこで重いつたのが、名付けて「睡眠列車」サービス!寝つきの悪い人や眠りの浅い人、疲れている人を列車に乗せて、延々と走り続けるというだけのサービスなのですが、案外これ、ウケるんじゃないかなぁ。もし、1か月あたり3000円ぐらいで気持ちの良い眠りが手に入るんだったら、私、使っても構わないかも。寝つきをよくするカモミールのハーブティーとかホットミルクを車内販売で売れば、そこそこ儲けもあがるだろうし。あ、どうせなら立ち仕事が多い人のために、フットマッサージ器も入れてほしい・・・と、実際にはありえないサービスなのに、いろいろ計画(というか妄想?)してしまう私でした。疲れてるのかしら?

行政書士のお勉強

今日の仕事は午前中は待機で午後からは自宅での仕事なので、勉強は午前中にすることにしていました。 とはいっても民法の条文をe-govで検索してピックアップしてパワーポイントにコピペするだけの作業なんですけど、六法買いたくても買うことができない貧乏なので思いついた方法です。(本当は六法が欲しい!) まあ、コピペなのであまり苦労はしないけどどうなんだろうと思いました。 じゃあ問題集は?とかテキストは?なんて聞かれそうなのですが、テキストはまだ販売されていないし問題集はとりあえず過去問はあるので(しかも無料でもらったもの)収入が入ってくるまではこの状態になるかな。 このやり方だと憲法や行政法だとパワーポイントじゃなくてワードにコピペするのもいいかな。 いずれにしても紙ベースのほうが使いやすいし。 これから勉強ツールを集めて勉強していこうと思います。 なにせ受験勉強題材のライティングも書きたいし、仕事の幅も増えるからその分だけ収入も増えることになりますよね。